ニュース一覧

救急医療に役立つ最新機器

レディ

心肺蘇生に効果的な医療器

救急医療において、心肺蘇生を効果的に行うことで、人命救助に繋げられるということが広く伝えられるようになりました。現在、全国的に心肺蘇生の普及を支援する動きが活発化して来ていますが、医療機器メーカーでは、心肺蘇生を促す「AED」という製品を開発し、公共交通機関、教育機関、公共施設、宿泊施設等に設置してもらうように働き掛けています。基本的に、AEDの設置場所として適しているのは、多くの人が集まる場所です。つまり、人の目が行き届き、迅速に対処可能な場所に設置することが、緊急事態に備える上で必要不可欠な条件と言えます。AEDには、特別な資格や免許が無くても、誰でも簡単に操作出来るような工夫が施されています。最も特徴的なのは、AEDが音声や画像で指示を出してくれることです。そうすることで、初めてAEDを操作する状況に置かれても困らないようにしています。しかし、ここで注意しなければならないのは、AEDによる心肺蘇生は、あくまでも救急車が到着するまでの応急措置であることです。つまり、本格的な医療行為が施されるまでの繋ぎ役がAEDとなります。実際にAEDを設置している場所では、定期的に講習会を開いたり、広報活動を行ったりすることで、一人でも多くの人にAEDのことを知ってもらう活動を続けています。尚、心肺蘇生やAEDに関する情報は、インターネット上で確認することも出来ますので、その中で理解を深めることも十分に可能です。

Copyright© 2018 施設にAEDを導入【代理店などと相談をして決めよう】 All Rights Reserved.