ニュース一覧

意識がない人を救うには

ハート

必要不可欠なもの

近年ニュースでもみかけるようになってきたAED。「AEDの使用によって命が救われました」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。AEDとは心室除細動器です。心臓の心室の細動を取り除き、心臓の活動を正常に作動するように仕向けるものです。消防で行われる救命法やメディックファーストエイドなどの救急法の講習の中でもAEDの使い方を実践に即して教えてもらうことができます。AEDは誰でも、子どもでも使えるように作られています。倒れている人がいたら、まずは意識の確認。意識がなければ消防119へ連絡をします。それと同時にAEDを用意します。呼吸の確認をし、なければ心臓マッサージならびに人工呼吸をします。AEDが用意されれば開いて電源を入れます。できることならば心臓マッサージをしたある人とは別の人が準備をしてあげるとよいでしょう。電源さえ入れられればあとは簡単です。音声ガイドに従って行動します。まずはパッドを心臓を挟むように2枚貼ります。挟む場所もパッドに図が示してあるのでそれに習って貼れば大丈夫です。すると心電図を確認し、電気ショックが必要かどうかを自動で調べてくれるので、音声ガイドに従います。心電図の解析中や電気ショックの際は要救助者から離れるように指示が出ますので、従ってください。よく勘違いされるのですが、AEDは心臓の心室細動を取り除くためのものであり、停止した心臓に電気ショックを与え、動かすように働きかけるものではありません。AEDは誰でも使えるように作られています。もし使用する機会に出会ったら、恐れずに電源を入れてみてください。助かる命があるかもしれません。

Copyright© 2018 施設にAEDを導入【代理店などと相談をして決めよう】 All Rights Reserved.