ニュース一覧

素人も使用出来る医療機器

男の人と女の人

救急手当が出来る

AEDは、突然目の前で倒れた人に対して心臓がけいれんしている状態なのかを機械が判断して、必要であれば電気ショックを行うことが出来る医療用の機械です。このAEDについては、以前では医師や救急救命士の資格を持った人にしか行うことが出来ない医療用の機械でしたが、2004年から一般市民も使うことが出来るようになりました。その後、駅や公共施設を始めとして各場所で設置されるようになり各自治体においても設置を積極的にすすめてきました。AEDは、人の命を救うための手段の一つであり機械を取り扱うために知っておくべきことがあります。いざという時のために消防署や日本赤十字社などで行われる講習を受けておく必要があると考えますが、講習を受けなくても扱うことは可能となっています。その理由として、一般市民がより簡単に使うことが出来るようにAEDは作られていて、自動的に何を行うべきなのかを音声メッセージとして流れる仕組みになっているからです。取り扱う人が慌ててしまっても、また使い方を忘れてしまっていても簡単に使用できるよう工夫がされています。AEDを使うにあたり最も重要なことは、電極パッドを張る事でありしっかりと皮膚に密着させることが最も重要です。他にも胸が濡れていないかなど確認事項がありますが、密着させることがポイントとなります。また、AEDが必要ないと判断された場合でも、状況によっては胸骨圧迫という心臓マッサージを行いますので、知識として知っておくことが重要です。

Copyright© 2018 施設にAEDを導入【代理店などと相談をして決めよう】 All Rights Reserved.