ニュース一覧

命を救うアイテム

AED

誰もが救世主になれる

AED(自動体外式除細動器)とは、電気ショックを行う医療機器です。このAEDの利用には資格は必要なく、誰でも使用することができます。従来から認知の人工呼吸と心臓マッサージに加えて、このAEDを一般市民が用いることで助かる命が増えることは間違いないでしょう。このAEDは、心室細動と呼ばれる心臓の筋肉がけいれんしたような状態に陥った時に用いると治療効果を発揮します。しかし、AEDを行えば必ず助かるというわけではなく、実施までの時間がかかればかかるほど成功率は低下してしまいます。なので、日頃からどこにAEDが設置されているのか、どのように使用するのかを予め確認しておくことがとても重要です。最近は、学校や公共施設だけではなく、駅やスポーツクラブにも設置されています。使用方法もとても簡単で、中身を取り出し電源のボタンをつけると機械が順を追って使い方を説明してくれます。実際に使用者が行うのは、ボタンを押すことと、コードを本体に装着してパッドを身体につけるだけです。ただし、実際にその現場に出くわした時に行動に移せる方はけっして多くはないでしょう。もしもの時に救世主になれるのは、事前に準備をしている人だけです。ネットでも細かく使い方や画像・動画が載っていますので、一度閲覧しておくことをオススメします。また、日本赤十字社などでは実際にAEDを使用した研修も行われています。もしもの時に大切な人の命を救えるように準備をしておきましょう。

Copyright© 2018 施設にAEDを導入【代理店などと相談をして決めよう】 All Rights Reserved.